サッカースクール

ゲームするのが楽しみ!という子どもを対象としたサッカースクールを立ち上げました。 小学校3年生以上の少年少女を対象としたサッカースクールです。
全ての子を分け隔てなく受け入れ、サッカーが好きという気持ちに真摯に向き合っていきます。
チーム登録はいたしません。選抜制度も一切行いません。
いろんな地域から個性をもったサッカーが好きが集まってくるから、それだけでもいろいろな発見があって面白い。
もっともっとサッカーを知りたい!という子どもたちを歓迎しています!

スクール概要

対象
 時間 19:00~20:30
 対象 小学3年生ないし小学6年生まで                
持ち物
 1,運動の出来る服装
 2,レガース(スネ当て)
 3,運動できるシューズ
 4,水分補給できるお飲み物
 5,着替え・タオル等
 ※持ち物には、お名前の記入をお願いします。
                
会費
 入会金 金3,000円
 年会費 金1,000円
 月 間 金2,000円(週1回の場合)
 ※佐野信用金庫様による口座振替
                

スクール会場

練習会場イメージ

佐野市立北中学校夜間
道具は自分たちで用意します
いろいろな選手が集います

佐野市立北中学校において、夜間照明のもとでサッカーを楽しんでいます。


もともとサッカーは冬のスポーツと呼ばれますが、夜間に練習を行うことは、日照の影響が少なく、特に夏場などは日中よりも集中してトレーニングすることができます。

スクールの特徴

サッカースクール「フォルクス」の特徴としては、
①フルサポートでないこと
②中止の場合の振り替えがないこと
③ ゲームが中心のスクール
があります。

①フルサポートではないことのメリットとしては、子供がお客様にならないこと。
自分でできること・自分ですべきことは、自分で行うという当たり前のことなのですが、整った施設があるスクールではかえって経験しにくい事項。
これは、習い事のようなものではなく、自分の意思でサッカーしにきたという意思確認のようなものであって、準備からゲーム、後片付けまで子供の自主性をサポートします。

②中止の場合は、振り替えがありません。ご容赦願います。

③ゲームが中心のスクールというのは、子供達の目線に立ってスクールのあり方を考えたときに、ここに来る子供達の共通の目的がゲームにあるからです。
毎週ゲームができることを楽しみにしていて欲しいし、ゲームに参加する楽しさを忘れて欲しくないし、管理者目線で運営するチームでは、しばしばゲームを楽しめない子供があります。
管理者の目線で考えれば、管理者の言うとおりに行動し、一生懸命がんばってくれる人ほど歓迎したいものです。
でも、非営利目的かつ組織に序列がないこのスクールではそれはあまり意味がないし、フォルクスを立ち上げた理由は選手目線に立ったスクールこそ、可能性を感じられると思ったからです。

スクール名称の由来

フォルクス「folks」はフォークソングのフォークを米読みしたものです。その意味は『(共通の何かをもった)人々』で、このスクールはこの地域にすむ子供たちのために存在したいと思っています。

主役は子ども、子供たちの気持ちを閉ざさないように運営してまいります。
ゲームが大好きな子どもはぜひお越し下さい。
そういう子どもたちが集まっているスクールです。